佐藤総合計画のZEB

佐藤総合計画のZEBへの取り組み

私たち佐藤総合計画は、建築物のZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)化を目指し、自然エネルギーの有効活用からICTを用いた環境技術開発に至るまで、総合設計事務所としてデザインや構造、設備が一体的になった環境ソリューションサービスを提供いたします。

ZEBって何?

ZEBとはネット・ゼロ・エネルギー・ビルディングのことで、「先進的な建築設計によるエネルギー負荷の抑制やパッシブ技術の採用による自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギー化を実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、エネルギー自立度を極力高め、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した建築物」のことを言います(経済産業省による定性的な定義)。
私たちは総合設計事務所として、断熱や日射遮蔽、自然換気などの建築手法を最大限に活用しつつ、建築設備の高度化を組み合わせ、ZEBテクノロジーをワンストップで提供いたします。

ZEBの定義

ZEBの種類には以下の3種類があります。

ZEB
(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロまたはマイナスの建築物
Nearly ZEB
(ニアリー・ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
ZEBに限りなく近い建築物として、ZEB Readyの要件を満たしつつ、再生可能エネルギーにより年間の一次エネルギー消費量をゼロに近付けた建築物
ZEB Ready
(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル・レディ)
ZEBを見据えた先進建築物として、外皮の高断熱化及び高効率な省エネルギー設備を備えた建築物

ZEBの判断基準

出典:経済産業省「ZEBロードマップ検討委員会とりまとめ」平成27年12月

ZEBは断熱や日射遮蔽などの建築的なパッシブ手法や高効率の設備システムの採用・導入などによる建築のエネルギー消費量の削減、すなわち省エネルギーに加え、太陽光発電システムや風力発電などによる再生可能エネルギーを導入することで、エネルギー自立を目指すものです。

佐藤総合計画のZEBプランニング実績

ZEBプランニング実績:2件、ZEB以外の省エネ建築物プランニング実績:1件(2018年度)

ZEBプランニング実績

建築物の名称 所在地 延床面積 規模 竣工 一次エネルギー削減率 ZEBランク
A 文書館 東京都 約10,300㎡ 地上3階 2019年予定 93.0% Nearly ZEB
B 図書館 長崎県 約13,300㎡ 地上6階 2018年予定 63.9% ZEB Ready

ZEB以外の省エネ建築物プランニング実績

建築物の名称 所在地 延床面積 規模 竣工 一次エネルギー削減率
C 市庁舎 新潟県 約10,000㎡ 地上4階 2020年予定 48.0%