投稿年
2016

社長 細田雅春より

弊社代表取締役社長・細田雅春の取材記事や発表した文章などを随時掲載しております。

2016年年頭訓示 責任の強い自覚を・建築家奮起の一年

建築家の存在意義の地盤沈下が著しい。昨今の建築界の問題を通じ、現代社会に対応する能力が建築家には欠けているのではないかという社会の厳しい指摘によるものだ。建築家は、建築を社会に生み出す責任ある立場であることを強く自覚する必要がある。そのためには、デザインのみならず、多くの問題を、自らの視界の中に収め、そこから構想する力が求められる。建築家自らが覚醒して奮起する一年にしていかねばならない。

 

日刊建設通信新聞、日刊建設工業新聞 2016年1月5日掲載記事の原文