会社案内

社長 細田雅春より

代表取締役社長

弊社代表取締役社長・細田雅春の取材記事や発表した文章などを随時掲載しております。

国家ビジョンなくして東日本の将来なし
不易流行をもって描く「グランドデザイン」

今回の大震災の復旧復興について、さまざまな提案やボランティアの活動など、実践的成果についての評価は異なってはいるが、地道な活動は続いている。しかしながら、被災者に対して確固たる将来を示唆するような展望や指針は、未だ示されていない。政府と自治体の連携や意思疎通が十分に図られている様子もない。世界経済との関係の中、日本の経済的衰退ともあいまって、被災地の課題は、とりわけ複雑な状況を克服しなければならない局面にある。それは被災地が単に物理的災害を受けたという事実だけではない。被災地の深刻な人口減少、高齢化、そして雇用産業の崩壊と撤退である。さらなる深い傷を負っているのは、短期的には解決できず、何世代にもわたって抱えざるを得ない深刻な、原発事故による放射能汚染という事実である。またこのような事態に際して、日本のエネルギー政策も一様ではなくなってきた現実が一方の出口を塞ぎ始めている。

こうしたさまざまな課題を解決しつつ、これから構築すべき日本の未来に対する構想、すなわち、東北地方の新たなビジョンに留まらない国家ビジョンづくりが困難であることも現実であるが、国家戦略、国家ビジョンなくして、東日本の再興、復興などできるはずがない。人口減少の渦中にあって、産業構造を始めとするさまざまな戦略的構想こそが必要なのであって、もはや、単発的アイデアや提案では日本の将来を託する柱にはなりえない。

もちろん、各論なくして、最初から国家戦略や国家的ビジョンの立ち上げなどできるはずがないことは言うまでもない。だからこそ、これまでの猶予期間があったのだと理解しているが、被災してすでに7ヶ月が過ぎ、議論の展望をこれ以上長引かせることはできないはずだ。なぜこんなにも時を費やしているのか。憤りを覚える段階を越えているのは、被災者ばかりではない。被災者は当然だが、これは日本国全体の問題なのである。

グローバリズムに引きずられ、国家主体失う20年

グローバリズムという言葉に世界は余りにも引きずられてきた。世界経済、すなわち、極論すれば欧米の金融システム、財政問題に翻弄されてきた。日本もそのような回路を持たなければ生きていけないという思いに駆られてきた反省をいまこそすべきなのである。やっと、どこかに経済的利益が収斂する仕組みが作られてきたことに気付き始めたのである。その意味では、まさに国家が持つべき主体性を見失った20年であったわけで、その延長線上に今回の大震災における没主体性があるということを深く理解すべきである。その視点なくして東北地方を再興することなどできるはずがない。国際社会、そして日本の現在から未来へ向けた構想がいまほど求められているときはない。

国家的グランドデザインは、国家の仕事である。さまざまな個別の提案やアイデアは数多く検討されたほうが良い。そして民間の力を結集するが良い。しかしながら、日本の将来を担うグランドデザインは、国家以外にはできるわけがない。あらゆる問題点を総括し、日本の将来にどのようにして明るい姿を取り戻すのか、その責任と使命は明らかである。国家という存在がいまこそ示されるときである。これは単に政党あるいは官僚や民間という枠組みで捉える問題でもない。それらを包括する国家という存在を賭けたビジョンの存在がなくてはならないのだ。改めて、国家とは何かを問わねばならない。この退路なき日本の、不毛な現在の延長上に、東日本の現在があるということの不幸をむしろ問題にしなければならない。

個別提案を吟味し、哲学持つ国家ビジョンにつなげよう

筆者も微力ながら、個別のアイデアや提案を各所で試みてきた。それ以上に、多くの識者や賢人の意見、さらには政府案としてもさまざまな検討案はあるようだ。個別に見れば、それらのすべては傾聴に値するだろうが、それらが、これからの日本の国家ビジョンに連動しているわけでもない。だからこそ、そのような具体的な提案を吟味し、検討し、さらに国家としての哲学をもって、国家ビジョンにつなげることが問われているのである。その回答が待たれているというのが現在の状況である。

次々に追い討ちがかかるこのきわめて流動的な状況を乗り越え、将来の日本の姿を、そのプロセスを含めて描き出すことが、いま何よりも求められているのである。そのことを、不易流行をもって描く「国家のグランドデザイン」という。  「東日本の将来」は、「日本の未来」を描くことであることを考えなくてはならない。

日刊建設通信新聞
 2011年10月14日掲載
2020年5月13日
今、アテネ憲章に代わるもの―都市の形 – 多様性を包摂する社会で建築家は何を示せるか
2020年4月8日
都市の先見性と長期的変容を学ぶ – ビジョンと指針の不在が最大の問題
2020年3月11日
建築が評価されていない – 形態を持たない建築
2020年2月12日
多元的社会を生きる
2019年5月21日
速さの変革が時代を変える
2019年4月1日
新入社員に贈る言葉「グローバル社会に生きる」
2019年2月12日
続・中国の事情から何を読み取るか
2018年11月13日
速さの時代に生きる意味とは
2018年8月22日
中国の事情から何を読み取るか(下)
2018年8月7日
中国の事情から何を読み取るか(上)
2018年3月20日
現在という時代を考える
2018年1月5日
2018年年頭訓示 「共鳴得る構想力が必要・構想力が重要に」
2017年10月31日
技術革新の変化と未来
2017年8月7日
シリーズ 建築設計事務所「新たな地平を開く」
2017年8月2日
人体の免疫システムと建築の防御
2017年6月13日
住宅の高層化と都市景観
2017年4月4日
新入社員に贈る言葉「夢のある未来を」
2017年2月28日
近代建築と、現在という状況
2017年1月10日
ポピュリズムと現代(建築)の相克
2017年1月5日
2017年年頭訓示
2016年11月10日
省エネの独走
2016年9月26日
シリーズ 建築設計事務所「変革に向き合う」
2016年8月31日
場所を喪失した現代社会
2016年5月30日
都市型農業は革新する
2016年5月9日
都市型農業のすすめ
2016年4月4日
新入社員に贈る言葉「建築で何を問うか、個の力を発揮せよ」
2016年2月26日
都市農業への期待
2016年1月22日
農業の未来と都市化
2016年1月5日
2016年年頭訓示「責任の強い自覚を・建築家奮起の一年」
2015年11月20日
〈社会・自由・建築〉を考える
2015年9月7日
シリーズ 建築設計事務所「問われる真価」
2015年5月29日
天井問題から建築を考える
2015年4月2日
新入社員に贈る言葉「時代の変化の節目を捉えよ」
2015年1月9日
設計事務所トップの視線2015「建築を変えるのも建築でしかない」
2014年7月29日
シリーズ 建築設計事務所「変革への胎動」
2014年4月3日
女性の役割と発想
2014年4月2日
新入社員に贈る言葉「歴史と経験に学べ」
2014年2月6日
美しい日本の国土景観を未来に残そう
2014年1月16日
設計事務所トップの視線2014「新たなカタチの総合性」が必要
2013年7月24日
シリーズ 建築設計事務所「明日を読む」
2013年7月24日
シリーズ 建築設計事務所「国のかたちを考える」
2013年4月18日
自然と自然体で向かい合う
2013年4月2日
新入社員への訓示「新たな文脈を見出し、創造的使命を果たそう」
2013年1月24日
2013年の新たな都市像を描く
2013年1月18日
設計事務所トップの視線2013 豊かさ体感できる「コンパクトシティー」構築を
2012年8月2日
心つなぐコンパクト・シティーの構築
2012年6月29日
女性の就業環境創出は都市環境を変える
2012年5月17日
「二住宅所有論」を提起する
2012年4月3日
新しく入社された皆さん、心から歓迎したいと思います。
2012年1月19日
設計事務所トップの視線2012「環境・快適とBIMで新たな切り口」
2011年11月17日
リアリティー取り戻すべき
2011年10月14日
国家ビジョンなくして東日本の将来なし
2011年9月30日
生活居住地は高台か、平地かを考える
2011年8月22日
大震災が鳴らす警鐘
2011年7月27日
これからの高性能ビルと都市的開発のあり方を考える
2011年6月27日
現代社会が要請する復興の姿
2011年5月16日
国土計画と地域計画への提言
2011年4月21日
大震災の教訓と餞
2011年4月1日
巨大災害、我々の使命
2011年3月22日
巨大地震が突きつけるもの
2011年3月16日
このたびの震災について