プロジェクト紹介

用途
都市再開発
都道府県
東京都

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」

次世代を見据えたまちづくり

都市再生特別地区の指定を受けた第一種市街地再開発事業

1993年に、117年の歴史を持つ淡路小学校が統廃合されました。その跡地を活用して住宅や商業・業務施設、その他コミュニティ拠点としての文化交流施設を配置した、第一種市街地再開発事業です。

都市に回遊性を与える

隣接する再開発地区とも連携し、歩行空間や広場に、水と緑あふれる豊かなオープンスペースを配置し、回遊性を与える新たな都市空間の創出を目指しました。

新たなまちづくりへの取組

地域の交流拠点となるコミュニティ施設や、学生専用マンションを設け、施設や広場を利用したイベント企画などの地域行事を行い、地域住民や就労者たちとの世代を超えた交流活動を促しています。

和の情緒や記憶を継承し、新たなコミュニティを誘発

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」

シンボル空間となるアトリウム

棟と棟の間、敷地中央となる地下鉄上部に配置されたアトリウムは、建物の主要な施設動線を集約する空間です。また、来訪者の憩いのスペースを設置し、施設のシンボル空間として計画もしています。

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」

周辺環境との調和

建物は、オフィスと住宅を含むタワー棟と、アネックス棟の2つのボリュームをユニットカーテンウォールにより統一しました。建物のコーナーを曲線で切り取り、周辺への風環境に対する配慮と特徴的な外観を構成しています。

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」

和のデザインモチーフを取りこむ

低層部は、神田須田町の老舗街など歴史ある街並みとの調和に配慮し、違い障子をイメージしたカーテンウォールをはじめとした、和のモチーフを取り入れています。

設計者からの一言

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」

再開発エリアは、4敷地・2街区からなり、区立の保育園・高齢者福祉施設や区立の淡路公園と一体整備を行っています。個性のある広場空間は、老若男女、さまざまな人の憩いのスペースとなっています。

「WATERRAS」の特徴

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」

街の名前であるWATERRAS(ワテラス)は、輪、環、和の3つの「WA」と特徴である「段丘」の意味をもち、ロゴマークは流れ落ちてゆく豊かな「水」と潤いに満ちた豊かな「緑」を表現しています。

淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業「ワテラス」の詳細情報

GoogleMap
所在地
東京都千代田区 [ map ]
規 模
41F/B3F
竣工年
2013/03
延床面積
128,437m2
構 造
RC, SRC, S, CFT柱造
用 途
オフィスビル, 商業施設, コミュニティー施設, 集合住宅ほか
撮影者:
山岸 剛(外観), エスエス東京(内観)