プロジェクト紹介

用途
教育施設
都道府県
東京都

大東文化大学附属青桐幼稚園

敷地の持つ魅力を最大限に引き出す “丘のある幼稚園”

安心できる園生活とバス乗降のための計画 - 安全に育む

園舎と丘により周辺から守られた園庭をつくり、出入口の管理が行いやすい計画となっています。敷地の高低差を利用して、丘の下に送迎バスの乗降スペースを設けました。

周辺環境に配慮した計画 - 環境を活かして育む

敷地は住宅街と緑豊かな公園に面しており、それぞれの周辺環境に配慮して建物のボリュームやデザインを決定しました。

回遊性のあるアクティブな計画 - 明るく元気に育む

園舎と丘をリング状につなぎ、その動線に沿って諸室と遊具を配置することで、回遊性のあるアクティブな計画となっています。また、どこにいても目が届く計画となっています。

記憶に残る幼稚園を目指して

大東文化大学附属青桐幼稚園

多様な遊びに対応した緑豊かな丘のある園庭

「冒険の丘」と名づけた斜面には、アスレチック遊具や複数の階段を設け、3歳児から5歳児まで一緒に遊べる空間となっています。北側の園庭でありながら、丘を設けることで日当たりの良い緑豊かな遊び場となりました。

大東文化大学附属青桐幼稚園

明るく温かな保育室/外部とつながる遊戯室

保育室はすべて南に面しており、明るく温かな空間となっています。遊戯室はイベントに対応するため、可動パーティションを設け、部屋の大きさが変化し、園庭との一体的な利用も可能となっています。

大東文化大学附属青桐幼稚園

住宅街と公園の緑と調和した外観

住宅街に対しては2層の園舎を住宅のスケールに分節し、調和を図りました。公園に対しては丘を配置することで、丘の緑と公園の緑が一体となる景観をつくり出しました。

設計者からの一言

大東文化大学附属青桐幼稚園

エントランスから園庭を覗けるガラスブロック、点検扉の覗き窓、舞台の特等席となる図書コーナーなど、各所に子どもが楽しめる仕掛けを用意しました。

利用者からの一言

大東文化大学附属青桐幼稚園

「単純に遊ぶだけの遊具だけではなく頭を使うものもあるので、教育理念である『知育・徳育・体育』を機能的に高めることができる園舎ができたと思います。」と園長先生からのお言葉をいただきました。

大東文化大学附属青桐幼稚園の詳細情報

GoogleMap
所在地
東京都板橋区 [ map ]
規 模
2F
竣工年
2011/03
延床面積
1,693m2
構 造
RC, S
用 途
幼稚園
撮影者:
エスエス東京