プロジェクト紹介

小野市うるおい交流館「エクラ」

文化を奏でる“あずまや”

“あづまや”のような存在をテーマに

市民広場とともに形成される「シビックゾーン」の中核を成す施設として、全ての市民が親しみをもって訪れることができる“あづまや”のような存在をテーマに計画されました。

きめ細かな建設プロセス

計画当初よりNPOによる施設管理が予定されており、設計~施工といったプロセスのさまざまな段階で、運営に携わる方々とのきめ細かい打合せを行ない、施設計画に反映することができました。

自然、アート、人とのふれあいのある場づくり

小野市うるおい交流館「エクラ」

市の特色をデザインモチーフに

市に色濃く残る“イメージ”を大切に施設のデザインモチーフに取り入れています。ガラスカーテンウォールに包まれ、市花である“ひまわり”の様に明るく開放的な「ハートフルサロン」、市内に数多く点在する“古墳”を想わせる独特の形態の「ホール」、市の伝統工芸品である刃物をモチーフとした屋根を持つ「管理会議棟」等です。

小野市うるおい交流館「エクラ」

「緑のつつみ」による新しいイメージづくり

市の中央部を流れる“加古川”の土堤を想起し施設を包み込むように配された「緑のつつみ」とともに、小野を彩る新たなる“イメージ”として、様々な建築形態が美しいハーモニーを奏でる1つの壮大なシンフォニーを形成します。

小野市うるおい交流館「エクラ」

球面天井をライトアップ

ドームの真っ白な天井に対して、2階デッキ下部からライトアップされる光と、天井面からのダウンライトとしています。全ての光色を、落ち着いた暖かな低い色温度で展開しました。

設計者からの一言

建設工事段階では、施設を市民みんなの手でつくり上げていこうということから、市内の中・高校生による工事用仮囲いへのペインティング、石のモニュメントの製作過程で出た石材を使用した幼稚園や小学校の子供たちのワークショップなども開催されました。

願いを込めたロゴマークデザインの展開

小野市うるおい交流館「エクラ」

ホール棟、ハートフルサロン、管理・会議棟、やすらぎ広場を囲む緑のつつみに至る特徴のある施設形態を「ガーデニングシティ・小野」の花に見立て、流れるようなやさしいラインと水のしずくで表現しました。この施設に訪れる人々が“うるおい”を得る施設になるようにとの願いが込められています。

小野市うるおい交流館「エクラ」の詳細情報

GoogleMap
所在地
兵庫県小野市 [ map ]
規 模
3F
竣工年
2005/03
延床面積
5,725m2
構 造
RC, S
用 途
ホール, 会議場
備 考
客席数 502席
受賞歴
2010年 公共建築賞 優秀賞
2006年 人間サイズのまちづくり賞 建築部門
2006年 照明普及賞 優秀施設賞
撮影者:
伸和